2007年10月17日

クリスマス飾り



クリスマス飾り

といえばクリスマスツリーとクリスマスリースです。
クリスマスツリー (Christmas Tree) はクリスマスのために飾り付けられた木で「知恵の樹」の象徴とされています。
日本ではモミが主ですがヨーロッパではドイツトウヒが使われます。
ではどうして常緑樹が使われていると思いますか?
それは冬の間も緑を保つため強い生命力の象徴とされたためだそうです。


ツリーの先端
には、キリストの降誕を知らせたとして、多くは星を飾りますが、イギリスなどではクリスマスエンジェルという天使が飾られます。
みなさんのお宅ではどんなクリスマスツリーを飾っていますか?



クリスマス飾り(ツリー)を上手に飾るコツ
1.クリスマスライトがつくかどうか点検します。切れていたら交換します。   
2.ツリーの枝をバランスよく広げて正面を決めます。
3.クリスマスライトをツリーに巻いていきます。見える部分を中心に飾ります。   
4.オーナメントは、大きい物を下に小さい物を上に、の順で飾ります。そうするとバランスよく飾れるようです。


クリスマスツリー
に並んでおしゃれなクリスマス飾り(リース)も見かけるようになりました。
リースは常緑樹の小枝で作られることが多く、「クリスマス・リース」としては松ぼっくりや赤いリボン結びで飾られることが多いですね。


キリスト教の
家庭や教会では、クリスマスまでの数日のためにろうそく4、5本を使用した「アドベント・リース」が飾られることがあるようです。


リース.
posted by Christmas01 at 15:44 | TrackBack(0) | クリスマス飾り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61106179

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。