2010年10月10日

クリスマスの歴史




日本でのクリスマスの歴史
クリスマスの歴史を調べてみると、日本で初めてのクリスマスは、1552年に現在の山口県周防において宣教師たちが日本人信徒を招いて行ったミサであったようです。

日本でクリスマスが受け入れられたのは、1900年に明治屋が銀座に進出し、そのころからクリスマス商戦が始まったことが大きな契機になりました。大正時代になると、児童向け雑誌や少女雑誌の十二月号には、表紙をはじめとしてクリスマスにまつわる話や挿絵がたくさん導入されはじめました。1928年の朝日新聞には「クリスマスは今や日本の年中行事となり、サンタクロースは立派に日本の子供のものに」と書かれるまでになっています(出典:『クリスマスの歴史〜どうやって日本に定着したか』)。

昭和初期の頃、銀座、渋谷道玄坂から浅草にいたるまでの多くのカフェーや喫茶店においてはクリスマス料理の献立を用意し、その店員はクリスマスの仮装をして客を迎えました。この様子を1931年12月12日の都新聞は、「七千四百余のカフェーと二千五百の余の喫茶店に華やかにクリスマスが訪れサンタ爺さん大多忙を来たす」と報じました。


日本でのクリスマス
は年中行事として定着しており、商業施設では早いところは11月上旬〜中旬からクリスマスツリーが飾られ、クリスマスセール等が行われます。店内ではクリスマスソングが流れ、洋菓子店ではクリスマスケーキが販売されます。街中では街路樹に豆電球が飾り付けられます。庭のある一部の家庭では、庭木などに電飾が施されます。     (Wikipediaより)
posted by Christmas01 at 00:00 | TrackBack(0) | クリスマスの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。